>  > 透明アイテム、白色アイテムとは?

スポンサードリンク

ごめんなさい。造語です。

ごめんなさいする女性

私がオススメするスキンケアは
透明アイテムと白色アイテムだけを使う方法ですが、
そもそも透明アイテムや白色アイテムとはいったいなんだ?
と思われた方も多いでしょう。

実はこの言葉、私の造語でネットで検索しても
おそらくズバリの意味は出てきません。

(検索してくださった方がいたら申し訳ありません)

今回はこの透明アイテムと白色アイテムについて
詳しく説明していきます。

わかりやすいのが一番だよね。

説明する女性

透明アイテムとは
「透明もしくは半透明の化粧水」のことで、
白色アイテムとは
「白濁した乳液やクリーム」のことです。

どうしてそんな名前にしたかというと、
お気づきの通り見た目がその色だからです。

安易な、ネーミングですががこの見た目、
スキンケアアイテムの成分がわかっちゃう侮れない情報なんですよ。

まずはおさらい、お肌に大切なこと

しずく

本当に必要なスキンケアとは
お肌に水分と油分を補ってあげることの2つです。

水分を補ってあげるために必要なものは水です。
ただし水をそのままお肌にあてると
一度は表面に水分を含んでくれるだけで、
そのあとどんどん蒸発していってしまいます。

そこでメーカーが研究に研究を重ねて
肌に浸透しやすくなるべくとどまってくれる水を開発しています。

その水こそが皆さんが普段使用している化粧水です。

化粧水の成分のほとんどは水ですので、少量の美容成分やわずかな油分をプラスしていますが
見た目は水とほとんど変わらない透明です。

水分だけじゃなく油分もしっかり

乳液の波紋

油分を補ってあげるために必要なものは油です。

油分は肌に潤った水分の蒸発を防ぐために
欠かせないものです。

とはいえ油をそのままお肌に塗ってしまっては
べたべたするだけですし、そんなにたくさんの油分を
肌は必要とはしていません。

そこで抜群の伸び誇る水を混ぜ合わせます。

通常、油は水には溶けないのですが、界面活性剤というものを利用すると混ぜ合わせることが
できるようになります。

そうして油が溶けた状態の水は牛乳のような白濁としたものになります。

このアイテムこそが皆さんが使用している乳液やクリーム類で、白色アイテムです。

たった2つでOKなんです♪

2つの風船

透明アイテムで充分な水分を、
白色アイテムで適度な油分を与えていれば
アイテムを重ね塗りする必要はありません。

肌質に合わせてアイテムを選択していけば
たった2つのアイテムで肌質は保たれています。

その際、美容効果を高めるためにも
ライン使いでのアイテム選びがオススメです。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

「おすすめ美容情報」カテゴリ最新5記事

シースリーサイトキャプショントップ

サロンで脱毛♪C3(シースリ)の脱毛はお財布にも体にも優しい

安くて確実な脱毛サロンを探しています。 Q 脱毛サロンを探しています。 いろいろなサロンのホームページを見てみましたが、…

続きを見る

スキンケアをする女性

もはや常識!?小顔を目指すならスキンケアから

もはや常識!?小顔を目指すならスキンケアから 年齢とともに水分保持力が低下してしまうお肌は小じわ、しわ、くすみの温床です…

続きを見る

化粧品の数々

気になる美容系新製品、お得に試せる節約術!

コスメの失敗、ありますよね…… 春夏秋のコスメ新製品シーズン。 毎年新しい色や新処方の製品がリリースされますが、コスメカ…

続きを見る

野菜たち

デトックス効果有!野菜をおいしく手軽に摂る方法

やっぱり野菜が効果大! 肌の露出が増えてくると、やっぱり気になるのがボディラインです。 太っている訳でもないのに身体がむ…

続きを見る

毎日の生活にプラス!3つの簡単疲労回復法

毎日の生活に簡単に取り入れられる、ご家庭での疲労回復法いろいろ 新学期、年末年始、年度末と総会前、連休前など、毎日忙しく…

続きを見る

人気コンテンツ

ミュゼ実体験レポート!料金100円の脱毛は効果はあるの?

私が100円キャンペーンに突撃してきました!【実体験レ…

クレンジングの方法

クレンジング(メイク落とし)の方法 仕事に遊びに勉強に…

黒ずみ毛穴をなんとかしたい!つるつる素肌の秘密はクレンジングにあり!

黒ずみ毛穴をなんとかしたい!つるつる素肌の秘密はクレン…

乾燥肌を改善!ハリと潤いを与えるスキンケアの方法

乾燥に負けない!ハリと潤いを与えるスキンケアの方法 夏…

BBクリームとは?塗り方のコツとパウダーの順番

BBクリームって? 化粧下地、ファンデーション、さらに…

アイラインの上手な書き方、引き方

アイラインって? 目を強調させるために、まぶたのふちに…

スポンサードリンク