>  > 上級アイテム?コンシーラーをマスターしよう♪

スポンサードリンク

ファンデだけじゃ、ムリ!!

ファンデーション

どんなに気を付けていてもファンデーションだけでは隠し切れない赤みやシミが登場してしまうことがあります。そんな時の強い味方はすべてを隠してくれるコンシーラーです。

仕上がりをワンランクアップさせたいのであれば、コンシーラーは欠かすことができないアイテムなのですが、厚塗りになってしまったりひび割れてシワのようになってしまったという人もいるようです。

こんなことならかえって使わないほうが良かった!とならないように、コンシーラーの使い方をマスターしましょう。

コンシーラーを使用する上で一番大切なことは部分による使い分けです。

いろいろあるけど、どれにしよう?

リップとコンシーラー

一口にコンシーラーといってもリップタイプやペンシルタイプなど様々な形状のものがありますが、大まかに分けると液状タイプと固形タイプに分けることができます。

どちらのタイプにもそれぞれに特徴があり、使用したい箇所も違います。

コンシーラーで失敗した!と感じたことのある人の多くはアイテム選びに失敗していることが多いようです。

液状タイプと固形タイプ◎

説明する女性

目元や口元など、よく動かすところに使用したいのであれば液状タイプがオススメです。

液状タイプはリキッドファンデーションのようにテクスチャが柔らかで、化粧ヨレが起こりにくいのが最大のポイントです。くすみなど薄めで広いエリアで使用したいときに使用するといいです。

強力なカバー力を求めるのであれば固形タイプがオススメです。

固形タイプはテクスチャが固いので、よく動かすところには使用しないようにしましょう。日中メイクにヨレが起こってしまうのでかえってトラブル肌のように見えてしまいます。

使いすぎ厳禁です!

バツ!

コンシーラーは気になる部分にだけ使うアイテムです。広く伸ばすのではなくポイントに少しずつ補うように使用して、周りの皮膚となじませるようにしましょう。

使いすぎるとメイクがヨレてしまい、メイク直しも難しくなってしまいます。

パウダーファンデを使っているのであればファンデーションの前に、リキッドファンデを使用しているのであればファンデーションの後に使用するときれいに仕上がります。

液体→お粉の順番を間違えずにメイクすればヨレにくくきれいなメイクに仕上がりますよ!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

「おすすめ美容情報」カテゴリ最新5記事

シースリーサイトキャプショントップ

サロンで脱毛♪C3(シースリ)の脱毛はお財布にも体にも優しい

安くて確実な脱毛サロンを探しています。 Q 脱毛サロンを探しています。 いろいろなサロンのホームページを見てみましたが、…

続きを見る

スキンケアをする女性

もはや常識!?小顔を目指すならスキンケアから

もはや常識!?小顔を目指すならスキンケアから 年齢とともに水分保持力が低下してしまうお肌は小じわ、しわ、くすみの温床です…

続きを見る

化粧品の数々

気になる美容系新製品、お得に試せる節約術!

コスメの失敗、ありますよね…… 春夏秋のコスメ新製品シーズン。 毎年新しい色や新処方の製品がリリースされますが、コスメカ…

続きを見る

野菜たち

デトックス効果有!野菜をおいしく手軽に摂る方法

やっぱり野菜が効果大! 肌の露出が増えてくると、やっぱり気になるのがボディラインです。 太っている訳でもないのに身体がむ…

続きを見る

毎日の生活にプラス!3つの簡単疲労回復法

毎日の生活に簡単に取り入れられる、ご家庭での疲労回復法いろいろ 新学期、年末年始、年度末と総会前、連休前など、毎日忙しく…

続きを見る

人気コンテンツ

ミュゼ実体験レポート!料金100円の脱毛は効果はあるの?

私が100円キャンペーンに突撃してきました!【実体験レ…

クレンジングの方法

クレンジング(メイク落とし)の方法 仕事に遊びに勉強に…

黒ずみ毛穴をなんとかしたい!つるつる素肌の秘密はクレンジングにあり!

黒ずみ毛穴をなんとかしたい!つるつる素肌の秘密はクレン…

乾燥肌を改善!ハリと潤いを与えるスキンケアの方法

乾燥に負けない!ハリと潤いを与えるスキンケアの方法 夏…

BBクリームとは?塗り方のコツとパウダーの順番

BBクリームって? 化粧下地、ファンデーション、さらに…

アイラインの上手な書き方、引き方

アイラインって? 目を強調させるために、まぶたのふちに…

スポンサードリンク