>  > 使い分けよう♪あぶらとり紙選び方

スポンサードリンク

乾燥しちゃう!?

乾燥した土

必要な皮脂まで吸収してしまい、乾燥を招くと悪者にされがちなあぶらとり紙ですが、この噂が間違いだということで話題になっていますね。

同時期に発生したティッシュオフなら皮脂を吸収しすぎなくて安心、という噂も間違いなので併せて覚えておきましょう。

今回は肌質にあった正しいあぶらとり紙を使用することで、美肌を保つ方法を紹介します。

いろいろあるよね

説明する女性

あぶらとり紙、といってもいろんな種類が販売されていますね。

でも、どんなあぶらとり紙もお肌の深層に直接影響を与えるような効果はありません。

表皮の浮き出た油を取り去ってくれるだけなので、オイリー肌以外の人も安心して使うことができますよ。

最近ではパウダー配合のものも多いですが、敏感肌の人は避けておいたほうが無難でしょう。

オイリー肌さんにオススメ♪

応援する女性

オイリー肌の人には強力なフィルムタイプのあぶらとり紙がオススメです。

皮脂をかなりしっかり吸着してくれるので、普通肌の人が夏場の化粧直し前などに使用するのも効果的です。

よりさらっとした肌を保つためにパウダー配合のものが多く、敏感肌なのであればそうしたものは選ばないほうがいいでしょう。

フィルムなので破れにくく、一枚で顔全体の皮脂を充分オフすることができます。

混合肌さんにオススメ♪

しっとり保湿

混合肌の人は和紙タイプのあぶらとり紙がオススメです。

和紙タイプは皮脂を吸着する力が弱く、一度に何枚か使用して加減を調整することもできます。

京都のお土産物で売られているものの多くが和紙タイプで、破れやすいですがその分優しく扱うことができるので肌への負担も少ないです。

あぶらとり紙を使ったことがないのであれば、和紙タイプからの使用がオススメです。

ティッシュオフって意外とすごい

ティッシュ箱

皮脂を吸着しすぎないと言われているティッシュオフですが、実はティッシュの吸着力は和紙タイプよりも少し高いくらいです。フィルムタイプと和紙タイプの真ん中くらいでしょうか。

噂では皮脂を吸収しすぎないとのことですが、和紙タイプよりもかえって吸着力は高いですしそれ用に作られているわけでもないので肌に直接使用するとかゆみを感じることもあるようです。

私は刺激を与えないためにもティッシュオフするよりあぶらとり紙を使用することをオススメしています。

最後に確認◎正しい使い方

手洗い

あぶらとり紙を使用するときは清潔な手で、気になる部分に軽くあてていきましょう。

そのままごしごし伸ばしてしまう人がいるようですが、化粧崩れの原因になりますしお肌にもよくありません。

優しく丁寧にを心掛け、絶対にこすらず!テカリの気になる部分に使用しましょう。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

「おすすめ美容情報」カテゴリ最新5記事

シースリーサイトキャプショントップ

サロンで脱毛♪C3(シースリ)の脱毛はお財布にも体にも優しい

安くて確実な脱毛サロンを探しています。 Q 脱毛サロンを探しています。 いろいろなサロンのホームページを見てみましたが、…

続きを見る

スキンケアをする女性

もはや常識!?小顔を目指すならスキンケアから

もはや常識!?小顔を目指すならスキンケアから 年齢とともに水分保持力が低下してしまうお肌は小じわ、しわ、くすみの温床です…

続きを見る

化粧品の数々

気になる美容系新製品、お得に試せる節約術!

コスメの失敗、ありますよね…… 春夏秋のコスメ新製品シーズン。 毎年新しい色や新処方の製品がリリースされますが、コスメカ…

続きを見る

野菜たち

デトックス効果有!野菜をおいしく手軽に摂る方法

やっぱり野菜が効果大! 肌の露出が増えてくると、やっぱり気になるのがボディラインです。 太っている訳でもないのに身体がむ…

続きを見る

毎日の生活にプラス!3つの簡単疲労回復法

毎日の生活に簡単に取り入れられる、ご家庭での疲労回復法いろいろ 新学期、年末年始、年度末と総会前、連休前など、毎日忙しく…

続きを見る

人気コンテンツ

ミュゼ実体験レポート!料金100円の脱毛は効果はあるの?

私が100円キャンペーンに突撃してきました!【実体験レ…

クレンジングの方法

クレンジング(メイク落とし)の方法 仕事に遊びに勉強に…

黒ずみ毛穴をなんとかしたい!つるつる素肌の秘密はクレンジングにあり!

黒ずみ毛穴をなんとかしたい!つるつる素肌の秘密はクレン…

乾燥肌を改善!ハリと潤いを与えるスキンケアの方法

乾燥に負けない!ハリと潤いを与えるスキンケアの方法 夏…

BBクリームとは?塗り方のコツとパウダーの順番

BBクリームって? 化粧下地、ファンデーション、さらに…

アイラインの上手な書き方、引き方

アイラインって? 目を強調させるために、まぶたのふちに…

スポンサードリンク