>  >  > ハイライトとローライト

スポンサードリンク

ハイライト、ローライトって?

ハイライトで高く、ローライトで低くみせることで、顔に立体感がでて、憧れの小顔に!
つける場所を間違えると、逆効果になってしまいます。ポイントを押さえて、小顔の作り方をマスターしましょう♪

ハイライト、ローライトの付け方

1【ハイライト】Tゾーン

ハイライトの定番「Tゾーン」。おでこから、鼻すじにいれます。鼻が高くみえ、おでこがふっくらとします。

付け方のポイントは、ふんわり。付属のチップか筆を使って、やさしくなでるようにのせてください。ふんわりとのせることで、目立ちすぎず、ナチュラルに立体感をだすことができます。

次へ

2【ハイライト】目の周り、頬骨

頬骨の上から、目尻、こめかみ、まぶたの上へ入れます。
目の回りに明るさとツヤがでて、若々しい印象に!
あまりはっきり入れると、古い印象のメイクになってしまうので、つけすぎには気をつけて。

次へ

3【ハイライト】あご

あごに円を描くようにいれます。あごに高さがでて、シャープな印象に。

次へ

4【ローライト】こめかみ、フェイスライン

顔の周りに入れていきます。こめかみから、耳の下、エラ、顎下、反対側のこめかみまで、グルッと入れてください。顔周りがスッキリして、小顔になります。

頬骨の下に沿って斜めにいれると、大人っぽい印象になります。大人メイクをする場合に、挑戦してみてください。ただ、つけすぎると痩せこけて、老けた印象になるので、やりすぎ注意!

次へ

5【ローライト】ノーズシャドウ

眉頭から小鼻の横までノーズシャドウを入れて、鼻すじを作ります。鼻の形にそって、くぼんているところを強調させる気持ちで入れてあげてください。

濃くなりすぎると、顔全体が不自然な印象になります。初心者の時は、ついついたくさんつけちゃうので、様子をみながら少量ずつつけてくださいね。手元の鏡だけじゃなくて、遠目の鏡も使って、全体のバランスをチェックしながらつけると上手くいきますよ。

つけすぎに注意!ふんわりナチュラルに。

ハイライトもローラライトも、ふんわりナチュラルに。
はっきり入れてしまうと、一昔前のメイクになってしまうので、気をつけて!

部屋の照明が暗いと、知らない間についつい入れ過ぎてしまうので、自然光でもチェックしながらメイクをすると自然に仕上がりますよ。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

「チーク&リップメイク」カテゴリ最新5記事

チークをつける女性

実録!混合肌のみんなが使っているチーク紹介

実録!混合肌のみんなが使っているチーク紹介 肌質によってメイクアイテムも使い分けていますか? 前回お送りしたアイシャドウ…

続きを見る

チークと花

実録!乾燥肌のみんなが使っているチーク紹介

実録!乾燥肌のみんなが使っているチーク紹介 肌質によってメイクアイテムも使い分けていますか? 前回お送りしたアイシャドウ…

続きを見る

敏感な肌

敏感肌でもOKなナチュラル普段メイク

敏感肌でもOKなナチュラル普段メイク 敏感肌でメイクができない!とお悩みではありませんか? 私もアトピー性皮膚炎を持って…

続きを見る

メイクする女性

残念フェイスだからこそ!メイクで整え美人を目指す方法

残念フェイスだからこそ!メイクで整え美人を目指す方法 生まれつきの美人で、目鼻立ちも整っていればメイクってそんなに必要な…

続きを見る

ぷっくり唇に変身♡リップライナーの使い方

ぷっくり唇に変身♡リップライナーの使い方 リップライナーは、唇の輪郭を作るためのアイテムです。 輪郭がはっきりすることで…

続きを見る

人気コンテンツ

ミュゼ実体験レポート!料金100円の脱毛は効果はあるの?

私が100円キャンペーンに突撃してきました!【実体験レ…

クレンジングの方法

クレンジング(メイク落とし)の方法 仕事に遊びに勉強に…

黒ずみ毛穴をなんとかしたい!つるつる素肌の秘密はクレンジングにあり!

黒ずみ毛穴をなんとかしたい!つるつる素肌の秘密はクレン…

乾燥肌を改善!ハリと潤いを与えるスキンケアの方法

乾燥に負けない!ハリと潤いを与えるスキンケアの方法 夏…

BBクリームとは?塗り方のコツとパウダーの順番

BBクリームって? 化粧下地、ファンデーション、さらに…

アイラインの上手な書き方、引き方

アイラインって? 目を強調させるために、まぶたのふちに…

スポンサードリンク